0296-33-4161

  • 標準
  • 大

 

  1. 腸閉塞

疾患情報

腸閉塞

腸閉塞とは

腸閉塞とは、小腸や大腸が何らかの原因で詰まってしまうことです。腸の内容物が停滞してしまい、腸管が拡張し、腹部膨満感や腹痛を生じます。
腸閉塞には、単純性、複雑性、機能性があります。

 

手術後の癒着が一番多い単純性腸閉塞は、腸管の閉塞のみで、血行障害はないものをいいます。最もよくある 原因は、腹膜炎や腹部の手術後に起きる癒着(腸と腹腔壁や、腸同士がくっつく)がもとで、腸管が曲がったりふさがったりするものです。近年は、進行大腸がんによる大腸イレウスが増加傾向にあります。まれですが、寄生虫や胆石など外からの異物が、閉塞の原因となることもあります。
 症状は、消化管の運動にともなう周期的・間欠的な激しい痛みです。痛みは徐々に強まっていき、腹部が膨張するにつれて、聴診器を当てるとキンキンと響く 金属音をともなうようになります。小腸上部での閉塞のほうが小腸下部での閉塞より痛み方がやや強い傾向があります。

 

複雑性腸閉塞とは、腸管が癒着したり、索状物(癒着でできるヒモ)で締めつけられたりねじれたり、腸管に栄養を送る血管がつまったり(腸間膜動脈血栓症)して、血行障害を起こしている腸閉塞で、緊急手術が必要です。
 血液が腸に十分送られないため、腸が壊死して穴があいたり、敗血症(血液が細菌に感染して全身に損害を与える)や、多臓器不全になったりする原因になります。
 複雑性イレウスの腹痛は急激に始まりどんどん増強します。腹部の膨満は目立たず、腸管全体がまひします。ねじれて締めつけられた部分が硬いこぶのように なり、押すと痛み、触診でわかることがあります。壊死が進むと、おなか全体に腹膜炎が起こり、危険な状態に陥るため、緊急手術が必要となります。

 

機能的等閉塞とは、一部あるいは広範囲に、腸管が麻痺や痙攣を起こし、内容物の流れが止まった状態です。麻痺性腸閉塞は腹膜炎や、血液中の電解質異常、各種中毒症が原因で起こります。痙攣性腸閉塞は、局部的な炎症や結石発作による腸管への刺激で腸管をコントロールする自律神経の異常が原因で起こります。

 

 

 

腸閉塞の症状

腸管の内容物が停滞するため食欲不振、腹部膨満感、吐気、嘔吐が起こります。また排便や排ガスが見られなくなり、腹部全体の痛みが起こります。
機能性イレウスでは腹痛はあっても軽度です。腸が完全に閉塞すると重度の便秘が起こりますが、部分的な閉塞であれば下痢が起こります。

 

 

 

腸閉塞の治療

腸閉塞の治療の第一選択は、禁飲食と点滴による全身管理となります。口から水分や食事を補給するのは、病態を悪化させるだけで改善につながりません。禁飲食と点滴による水分・電解質の補給が必要となるため、通常は入院治療をおこないます。軽度であればこのような保存的治療にて軽快されます。腸管拡張が高度であれば、禁飲食、経鼻胃管やイレウス管を留置し、減圧を行ないます。
保存的治療が無効、閉塞原因が大腸がん等、もしくは術後癒着等で腸閉塞を繰り返している場合は、手術を検討致します。

 

 

 

腸閉塞の予防

腸閉塞の予防法は暴飲暴食を避け、消化の良いものを食べ、規則正しく食事や排便をして体のリズムを保つことが大切です。腹部が張ってきて痛む時や、ガスや便が出にくいなどの症状がでてきた場合は、食事の量を少なくするなどして腸の負担を軽くすることが必要となります。また、腸の動きを良くする漢方薬の大建中湯(だいけんちゅうとう)や六君子湯(りっくんしとう)、四君子湯(しくんしとう)などが腸閉塞の予防や症状緩和に有効と言われています。
食事で控えていただきたいのは、油分が多い食事、玄米、ラーメン、こんにゃく、硬い繊維の野菜(レンコン、タケノコ、ゴボウ)等消化の悪い食材、揚げ菓子やチョコレート等です。詳しくは、当院の管理栄養士までお問合せください。

ホームに戻る

コンテンツ

外来診療担当医表

人間ドック

結城病院フォトギャラリー

スタッフブログ

採用サイト

お電話からもお気軽にお問い合わせください

TEL:0296-33-4161