0296-33-4161

  • 標準
  • 大

 

  1. 肺炎

疾患情報

肺炎

肺炎とは

日本人の死亡原因の第3位である肺炎は、口や鼻から侵入した細菌が、喉から気管支を通って肺で増殖することによって炎症が起きている状態です。人口の高齢化による高齢者肺炎の増加と、これによる死亡者の増加です。肺炎は、早めに受診して、適切な薬物療法を行えば、怖い病気ではありません。しかし、高齢者の場合、特徴的な症状が現れにくいために治療のタイミングが遅れたり、慢性の病気があることが多く、早期に適切な治療を始められない場合があります。また、呼吸器に基礎的な病気がある人が肺炎にかかると、重症化しやすくなり、入院が必要になったり、命に関わるほど重症化することも珍しくありません。「肺炎かもしれない」と思ったら、早めにかかりつけ医を受診してください。

 

 

 

肺炎球菌性肺炎

肺炎の約40%が肺炎球菌による肺炎です。現在、肺炎球菌に対する予防ワクチンがあり、発症をゼロにすることはできませんが、高齢者の重症化を阻止することが出来ます。
肺炎球菌性肺炎の治療には、脾臓がとても大きな役割を担っています。脾臓は左脇腹にある臓器で、肺炎球菌は最終的にはそこで死滅します。何らかの原因で 脾臓がない方や非常に小さい方は肺炎球菌性肺炎になると命に関わるため、注意が必要です。

 

 

 

マイコプラズマ肺炎

激しい咳があるものの、比較的発熱が少ない肺炎です。一時的に一部の地域で、流行することがあります。ときどき、家族内感染も起こします。この肺炎には、マクロライド系、ニューキロノン系などの抗生剤を使用します。この肺炎は、治ったように見えても、再び症状が悪化する可能性があり、症状が治まっても2週間以上は内服を続ける必要があります。

 

 

 

レジオネラ肺炎

以前、24時間風呂との関連がマスコミでも話題となった病気で、温泉、土壌などから感染することのある肺炎です。腐葉土からの感染も報告されています。進行が早く重症化しやすく、時に死に至ることもあります。この肺炎の治療には、ニューキノロン系やテトラサイクリン系の抗生剤を使用します。

 

 

 

誤嚥性肺炎

嚥下機能の低下した高齢者、脳梗塞後遺症やパーキンソン病などの神経疾患や寝たきりの患者様に多く発生するのが、誤嚥性肺炎です。食べ物や唾液が誤って気管に入ることを、誤嚥といいます。とくに高齢者では、食べ物を噛んで飲み込む力が落ちるため、誤嚥を起こしやすくなります。さらに、気管に入った食べ物を吐き出す力も弱くなっており、肺炎の大きな原因となります。睡眠中などに唾液を誤嚥して肺炎に至る可能性もあります。
誤嚥性肺炎の治療では、口から栄養をとるのを中断し、抗生剤の点滴をおこないます。誤嚥性肺炎の予防には、(1)口の中を清潔に保つ、(2)噛み合わせをよくする、(3)睡眠時に上体を30度くらい起こす、(4)誤嚥しにくい食事内容にする、ことが重要です。

 

 

 

ウイルス肺炎

ウイルス性肺炎とは、インフルエンザウイルスやRSウイルス(主に乳幼児)など、ウイルスを原因として引き起こされる肺炎のことです。呼吸に重要な臓器である肺が障害を受ける疾患であるため、咳や呼吸困難などの呼吸器に関連した症状が出現します。

 

治療としては、原因ウイルスに対する効果的な治療薬が存在する場合には、その薬の使用が検討されます。また、解熱剤や去痰剤などを用いた対症療法も行われます。
ウイルス性肺炎の原因ウイルスは、多岐に渡ります。具体例を挙げると、インフルエンザウイルスやRSウイルス、ヒトメタニューモウイルスなどであり、気道感染を多く起こすウイルスが下気道に侵入することで肺炎を起こすことがあります。

 

肺真菌症、アスペルギルスなど真菌による肺炎は、ステロイドや免疫抑制剤使用中などの免疫抑制状態に日和見感染症として発症することが多く見られます。

 

 

 

肺炎の症状

肺炎は、風邪の症状とよく似ているため、気付かないケースが多く、その結果、重症化して亡くなることがあります。肺炎では、はじめは喉の痛みや鼻水、鼻づまり、38℃を超える発熱、咳、痰(黄色や緑色)、呼吸困難、息切れ、悪寒、全身倦怠感、や胸の痛みなどの症状が現れます。高齢者は、体力が低下していることから、こうした肺炎の典型的な症状が出ないことがあります。食欲低下、活動性の低下、歩行困難、意識障害などの症状で発症することもあるため、注意が必要です。

 

 

 

肺炎の治療

肺炎の原因となる細菌やウイルスを取り除き、細菌性肺炎の場合は、感染の悪化を防ぐために抗を使用します。
その他、さまざまな症状をやわらげるために、咳をおさえる薬、熱を下げる解熱薬、痰を出しやすくする薬、息苦しさや咳をやわらげる気管支拡張薬などが、症状に応じて処方されます。体力・抵抗力を高めるためにも、保温して安静にします。そして、水分と栄養もしっかりととるようにしましょう。

 

 

 

肺炎の予防

高齢者は、肺炎の原因となりやすい肺炎球菌ワクチンの接種できます。また、肺炎の多くは、風邪やインフルエンザにかかった後に起こります。インフルエンザの予防、うがい手洗いをしっかり行ないましょう。規則正しい生活を心掛け、十分な休養と栄養バランスのとれた食事を心がけて免疫力の低下を予防しましょう。

ホームに戻る

コンテンツ

外来診療担当医表

人間ドック

結城病院フォトギャラリー

スタッフブログ

採用サイト

お電話からもお気軽にお問い合わせください

TEL:0296-33-4161