0296-33-4161

  • 標準
  • 大

 

  1. 尿漏れ

疾患情報

尿漏れ

尿漏れとは

尿漏れとは尿失禁とよばれ、意思とは関係なく尿が漏れてしまうことと定義されています。尿失禁は症状により様々な種類があります。発症すると、いつ尿失禁が起こるか分からないため、外出を控える、おむつを履くなどQOLの低下につながります。

 

【腹圧性尿失禁】

咳やくしゃみ、重いものを持ち上げる、走る、ジャンプをする、笑うなどおなかに力が入った際に尿が漏れてしまう症状です。特に女性の4割に発症するといわれています。骨盤内で臓器を支えている骨盤底といわれるものがあり、筋肉と靭帯で構成されています。この骨盤底が出産や閉経により緩むことで発生します。筋肉と靭帯が上手く働かなくなり、尿を止める機能が壊れてしまいます。また骨盤底のゆるみがひどくなると、内臓が下におちてきて、膣から、膀胱や子宮などが出てきてしまう骨盤臓器脱は発生する場合があります。

 

【切迫性尿失禁】

急にトイレに行きたいと思っても、間に合わずに尿が漏れてしまう症状です。原因は過活動膀胱といわれています。膀胱が活動しすぎてしまう病気で、膀胱に尿がそれほど溜まってないのに、筋肉が収縮して急に尿意を催し、尿漏れや頻尿を招きます。はっきりとした原因はまだわかっていませんが、脳血管障害により発生したり、排尿を司る神経に異常が起こったりすることで発症するのではないかといわれています。他にも加齢により発症しやすいといわれています。

 

【混合型尿失禁】

腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の両方の症状を持つ場合に混合型尿失禁と呼ばれます。

 

【溢流性(いつりゅうせい)尿失禁】

自分で尿を出したいのに出ないのに、ちょろちょろと尿が少しずつ漏れ出してしまう症状です。一般的に男性に多く、女性には少ない病気です。男性と女性で原因が異なります。男性の場合は、前立腺肥大症や前立腺がんなどにより、尿道が狭くなったり膀胱から尿を出す力が弱くなって、膀胱に大量に溜まった尿が少しずつ溢れでてきます。女性の場合は、骨盤臓器脱が原因で尿道が狭くなり、尿が出にくくなります。

 

【機能性尿失禁】

排尿機能は正常だが、ほかの運動機能が低下することや認知症で発症します。例えば、歩行障害のためトイレに間に合わない、認知症のためトイレで排尿できないなどがあげられます。

 

 

尿失禁の検査方法

問診、診察、エコーなど基本的に体に負担の少ない検査を行います。必要に応じて、様々な検査を行います。

 

【排尿日誌】

1回の排尿量と1日の排尿量、漏れる量、排尿時間と排尿間隔を数日間記入してもらいます。どのようなときに尿失禁が起こるのか原因を推定して検査が必要かどうかを判断します。

 

【パッドテスト】

水分摂取後にパッドをあて、特定の動作や運動をします。検査前後のパッドの重量により尿失禁の重症度を測ります。主に、腹圧性尿失禁の診断に用います。

 

【チェーン造影検査】

膀胱に細い鎖のついたカテーテルを挿入し、レントゲンにて撮影します。膀胱と尿管の角度が分かり、骨盤底の状態や膀胱の位置が分かります。腹圧性失禁の診断に用い、また治療方針決定にも役立ちます。

 

【尿流動態検査】

膀胱に細いカテーテルを通し、生理食塩水を少しずつ入れて膀胱や尿道の圧力を測ります。また、尿が溜まった状態や排尿している城砦を再現して原因を見つけます。

 

 

尿失禁の治療法

尿失禁の種類や程度、重症度により治療方法が異なります。

 

【腹圧性尿失禁】

軽い場合は、骨盤底筋の訓練を行い、尿道の周りにある外尿道括約筋や骨盤底筋の強化をすることで完治が期待できます。また、肥満の方は、ダイエットをすることで症状の改善がみられることがあります。同時に尿道の緊張を高める薬を処方します。保存療法で改善が見られない場合は、手術の適応となります。TVT手術またはTOT手術と呼ばれる弱くなった組織を補強する手術を行いますが、侵襲は少ないため、体への負担はほかの手術に比べると少なく、成績も優れています。

 

【切迫性尿失禁】

基本的に薬物療法になります。また、機能訓練として排尿を我慢して、膀胱にためることができる尿の量を増やすトレーニングを行ったりします。

 

【溢流性(いつりゅうせい)尿失禁】

前立腺肥大症の場合は、そちらの治療を行います。薬物療法を行いますが、症状がひどい場合や希望される場合は、自分でカテーテルを入れて排出させる自己導尿という方法もあります。

ホームに戻る

コンテンツ

外来診療担当医表

人間ドック

結城病院フォトギャラリー

スタッフブログ

採用サイト